Office 365

  1. /年 (通常は {1}/年) の特別価格で Outlook.com Premium で広告なしの受信トレイなどが利用できるようになります さらに john@smithcrew.com のようなパーソナライズされたメール アドレスを初年度は無料で利用でき ...
  2. A から Z (大文字または小文字) の文字 0 から 9 の数字 ! # $ % & \' + - / _Text= ? ^ _ ` { | } または ~ で構成された文字列 エイリアスには 1 つ以上のピリオドを含めることができますが ...
  3. aad CDN の URL (secure.aadcdn.microsoftonline-p.com) へのアクセスに失敗しました ファイアウォール上で TCP ポート 443 が開いていることをご確認ください サポートについては 画面右側のアクション ...
  4. Access Services でサービス インシデントが発生しています ユーザーは現在 アプリケーションを作成または使用できない可能性があります Access チームがこの問題を調査しています
  5. Access Services でサービスに関する問題が発生しています ユーザーは現在 アプリケーションを作成または使用できない可能性があります Access チームがこの問題を調査しています
  6. Active Directory Application Mode (ADAM) で使用されているポートは 外部アクセスに対してブロックする必要があります ADAM はポート ('{0}') でセキュリティで保護された LDAP をリッスンしています ...
  7. Active Directory でオブジェクト数が {0} より多くなっています これらのオブジェクトの一覧を表示するには Windows エクスプローラーを開いて コンピューターの Office365logs フォルダー内のファイルを確認します ...
  8. Active Directory サイト '{0}' でクライアント アクセス サーバーの役割が検出されませんでした クライアント アクセスの役割がインストールされるまで Outlook Web Access と Exchange ActiveSync ...
  9. Active Directory サイト '{0}' でハブ トランスポート サーバーの役割が検出されませんでした ハブ トランスポート サーバーの役割がインストールされるまで メール フロー トランスポート ルール およびジャーナリング ポリシーを使用することはできません ...
  10. Active Directory サイト '{0}' 内に Exchange クライアント アクセス サーバーがありません ご使用のクライアント アクセス サーバーが Active Directory サイト内にあることを確認してください サポートについては ...
  11. Active Directory サーバー '{0}' は停止しているか または到達できません 到達できない場合は ネットワークまたはアクセス許可の問題が原因である可能性があります エラー: '{1}' サポートについては 画面右側のアクション ...
  12. Active Directory ドメイン '{0}' に認識できない Exchange の署名が含まれています 現在の DomainPrep のバージョンは '{1}' です サポートについては 画面右側のアクション ウィンドウにある この問題の修正方法に関するヘルプを表示 ...
  13. Active Directory ドメイン '{1}' は Exchange 用に準備されていますが 複数の 'Microsoft Exchange System Objects' コンテナーが存在しています 重複するコンテナーを手動で削除しなければならない場合があります ...
  14. Active Directory ドメイン '{1}' は Exchange 用に準備されていますが 複数の 'Microsoft Exchange System Objects' コンテナーが存在しています 重複するコンテナーを手動で削除しなければならない場合があります ...
  15. Active Directory ドメインのメンバーである %BRAND_WINDOWS_SHORT% Server 2012 R2 サーバーを 2 つ これらのサーバーに AD FS の役割をインストールします
  16. Active Directory ドメインのメンバーでない %BRAND_WINDOWS_SHORT% Server 2012 R2 サーバーを 2 つ これらのサーバーにリモート アクセスと WAP サービスの役割をインストールします
  17. Active Directory ドメイン機能レベルが Windows Server 2003 の最小要件を下回っています サポートについては 画面右側のアクション ウィンドウにある この問題の修正方法に関するヘルプを表示 リンクをクリックしてください ...
  18. Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) の構成を始める前に AD FS の展開に関連するコンポーネントと要件を確認してください
  19. Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) を実行するよう指定したサーバーに AD FS をインストールできるようになりました
  20. Active Directory フェデレーション サービス構成ウィザードの ようこそ ページで フェデレーション サーバー ファームに最初のフェデレーション サーバーを作成します を選択して 次へ を選択します
  21. Active Directory フォレストごとにサードパーティの証明機関 (CA) の証明書を取得します 証明書の要件は TechNet の記事 ハイブリッド展開の証明書の要件について に記載されています
  22. Active Directory フォレストごとにサードパーティの証明機関 (CA) の証明書を取得します 証明書の要件は TechNet の記事 ハイブリッド展開の証明書要件 に記載されています
  23. Active Directory フォレスト機能レベルが Windows Server 2003 の最小要件を下回っています サポートについては 画面右側のアクション ウィンドウにある この問題の修正方法に関するヘルプを表示 リンクをクリックしてください ...
  24. Active Directory ユーザーの一部が 1000 を超える属性を持っています Active Directory ユーザー アカウントは ディレクトリ同期の要件を満たしていません これらのユーザーの一覧を表示するには Windows ...
  25. Active Directory 内でスキーム マスターとして機能しているサーバーが見つかりません このサーバーから Active Directory サーバー '{0}' に到達できることを確認してください
  26. Active Directory 同期がアクティブ化されていません アクティブ化は 同期クライアントが機能するための前提条件です 詳細については ロードマップを参照してください
  27. Active Directory 同期により 企業の管理者は 既存のオンプレミス ユーザー アカウントとグループ アカウントを %BRAND_AZURE_SHORT% Active Directory と継続的に同期できます
  28. Active Directory 同期またはパスワード同期をテナント '{0}' に対して有効にする必要があります これは Office 365 管理者が実行できます 管理者は Active Directory 同期の詳細を次の場所で取得できます: ...
  29. Active Directory 同期をアクティブ化すると お客様のローカルの Active Directory から %BRAND_OFFICE_365% にユーザー セキュリティ グループ およびその他のオブジェクトを自動的にコピーすることができます ...
  30. ActiveSync は外部接続用に設定されていません サポートについては 画面右側のアクション ウィンドウにある この問題の修正方法に関するヘルプを表示 リンクをクリックしてください
  31. ActiveSync サーバー {0} で圧縮が有効になっていません 圧縮によって必要な帯域幅が減少するため 圧縮を有効にすることをお勧めします サポートについては 画面右側のアクション ウィンドウにある この問題の修正方法に関するヘルプを表示 ...
  32. AD FS : フェデレーションは %BRAND_AAD_CONNECT_SHORT% のオプション コンポーネントです オンプレミスの AD FS インフラストラクチャを使ったハイブリッド環境の構成に使用できます ドメイン参加による SSO ...
  33. AD FS FQDN を使用した外部 %BRAND_AAD_CONNECT_SHORT% (Active Directory フェデレーション サービスを展開する組織のみ対象)
  34. AD FS Web プロキシを使用した内部 %BRAND_AAD_CONNECT_SHORT% サーバーのホスト名 (Active Directory フェデレーション サービスを展開する組織のみ対象)
  35. AD FS には オンプレミスのすべてのサーバーと %BRAND_OFFICE_365_SHORT% のアカウント アクセスを 1 か所で有効化および無効化できるだけでなく パスワード要件を詳細に制御できるなど パスワード同期より優れた利点がいくつかあります ...
  36. AD FS の展開 : Active Directory フェデレーション サービスを展開する場合 AD FS または Web アプリケーション プロキシをインストールするサーバーは %BRAND_WINDOWS_SHORT% Server ...
  37. AD FS を設定するには サードパーティの SSL 証明書が必要です 証明書は フェデレーション サーバー Web アプリケーション プロキシ (WAP) 要求対応アプリケーション Web クライアント間の通信をセキュリティで保護するために重要な役割を果たします ...
  38. AD FS インフラストラクチャを使用して %BRAND_AZURE_SHORT% からの認証をオンプレミスの環境にリダイレクトするように %BRAND_OFFICE_365_SHORT% を構成しました
  39. AD FS サインイン ページを参照します URL は次の例に類似したものになります: https://fs.contoso.com/adfs/ls/idpinitiatedsignon.htm
  40. AD FS サーバー ファームの名前を決定してから手順を進めてください %BRAND_COMPANY_SHORT% のベスト プラクティスでは ホスト名に STS (Secure Token Service の略) を使うことをお勧めします ...
  41. AD FS サーバー ページで 参照 を選択し %BRAND_AAD_CONNECT_SHORT% と AD FS をインストールするサーバーの名前を選択して 追加 を選択します
  42. AD FS サービス アカウント ページで 管理されたサービス アカウント グループを作成します を選択し Enterprise Admins グループのメンバーであるユーザーのユーザー名とパスワードを入力して 次へ を選択します
  43. AD FS サービス アカウントで問題が検出されました アカウントに次のいずれかの問題がないかご確認ください Active Directory にアカウントが存在しないアカウントがロックされているアカウントが無効になっているアカウントのパスワードの期限が切れている ...
  44. AD FS ファームで自己署名証明書を SSL 証明書として使用しています そのため Office 365 ユーザーはメールにサインできません
  45. AD FS プロキシの証明書 ページで 以前にインポートした秘密キーを含む SSL 証明書を選択して 次へ を選択します
  46. AD FS 名前空間 (fs.contoso.com など) が %BRAND_INTERNET_EXPLORER% の ローカル イントラネット ゾーンに表示されている 詳細については ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンに AD ...
  47. AD FS 名前空間の外部 A レコードは パブリック ドメインのネーム サーバーで作成する必要があります これは レジストラー (GoDaddy や Enom など) または利用しているドメインのパブリック DNS レコードをホストするよう構成された別のサービスの場合があります ...
  48. AD FS 展開アドバイザーでは %BRAND_OFFICE_365_SHORT% サービスのユーザー認証を行うオンプレミスの Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) インフラストラクチャを展開する手順について説明します ...
  49. AD FS 構成ウィザードを開始する前に コンピューター ストアにサードパーティの証明書 (秘密キーを含む) をインストールします
  50. Add New をクリックして 次の情報を入力します Hostname に @ と入力します Record Type に TXT と入力します Value に %RECORDVALUE% と入力します
  51. Add TXT Record ページで 空いている最初の行に次の情報を入力します Host Name に次を入力または貼り付けます: @ TXT Record に次を入力または貼り付けます: %RECORDVALUE%
  52. Advanced eDiscovery に対する準備を開始しました "{0}" という新しいタスクがエクスポート テーブルに追加されました タスクの状態を表示するには エクスポート メニュー オプションを選択してください
  53. Advanced Threat Protection for Exchange Online は Safe Links や Safe Attachment など最新の電子メール保護技術を備え Exchange Online Protection ...
  54. Advanced Threat Protection for Exchange Online は Safe Links や Safe Attachment など最新の電子メール保護技術を備え Exchange Online Protection ...
  55. Alipay と China Union Pay により指定された内部しきい値があります これらのしきい値は 発行元銀行口座により異なります 取引金額が高いために Alipay または China Union Pay により拒否された場合 請求書によりお支払いいただく必要があります ...
  56. Alipay と China Union Pay の最大支払額 {0} に達しました この取引を完了するには 支払い方法として請求書を選択してください
  57. AnalysisMembers の実行時に Result の代わりに Null を返すことができません 代わりに Result .Default または Result .Failure を使用してください
  58. AnalysisMembers の実行時に Result の代わりに Null を返すことができません 代わりに Result .Default または Result .Failure を使用してください
  59. APNs 証明書の証明書署名要求 (CSR) ファイルが生成されます このファイルをダウンロードして ローカル ディスクに保存する必要があります
  60. Azure Active Directory (AD) Connect ツールを利用すると オンプレミスの Active Directory と Office 365 のディレクトリ サービス (Azure AD) 間のディレクトリ同期を設定できるので ...
  61. Azure Active Directory (for Office 365) の必須エンド ポイントが無効です AD FS サーバーで Microsoft クラウド サービスに必要なエンド ポイントを有効にします Windows Server ...
  62. Azure Active Directory Connect ツールの指示に従って操作を行ってください (ほとんどの場合 既定のオプションが好ましいです)
  63. Azure Active Directory Premium は 無料サービスの Microsoft Azure AD をベースに構築されており ID 管理とアクセス管理の増え続けるニーズに対応する大規模組織に信頼性の高い機能セットを提供します ...
  64. Azure Active Directory Premium は無償の Azure AD をベースに構築されており その強力な機能により 企業が ID やアクセス管理のより厳しいニーズに対応できるようにします
  65. Azure Active Directory でアプリケーションを登録または取得できませんでした アプリケーション設定が正しくフォーマットされていることを確認してください
  66. Azure Active Directory 同期エンドポイント {0} に到達できましたが Azure Active Directory Service が一時的に接続を拒否しました
  67. Azure Active Directory 同期エンドポイント {0} に接続できませんでした これは ディレクトリ同期サーバーからの DNS 逆引き参照が失敗したために発生することがあります
  68. Azure Active Directory 同期エンドポイント {0} に接続できませんでした ファイアウォール規則によりディレクトリ同期サーバーからの接続が妨げられていないか確認してください
  69. Azure AD Connect で利用できるさまざまな認証方法を使用して SSO を構成できます SSO の構成 方法の詳細をご覧ください
  70. Azure AD Connect は 以前にリリースされた DirSync および AAD Sync に代わる最新のディレクトリ同期ツールです ディレクトリ同期ツールを Azure AD Connect にアップグレードしてください
  71. Azure AD Premium セットアップ ガイドを利用すると 多要素認証 シングル サインオン (SSO) デバイスの登録 セルフサービスでのパスワードとグループの管理 セキュリティの監視などのような ID 管理機能を提供する Azure ...
  72. Azure Rights Management (Azure RMS または ARMS) 展開アシスタントを利用すると Information Rights Management (IRM) を構成できるので 組織の機密情報を不正アクセスから保護できます ...
  73. Balayage (バレイヤージュ)\" はフランス語で \"ほうきで掃く\" を意味します バレイヤージュは カラーをハケで塗布するヘア カラー技法です この手法を使うと 他の技法よりもハイライトがはるかに自然に見えます
  74. Basic 版の %BRAND_AZURE_SHORT% Active Directory をセットアップすると グループベースのアクセス管理 セルフサービス パスワード リセット オンプレミス Web アプリケーションの発行などの機能を利用できます ...
  75. BI レポート機能に関する問題が発生しており Microsoft Dynamics Rainier チームがトラブルシューティングを行っています この問題の影響を受けているお客様には ご不便をおかけしますことをお詫びいたします